北沢LGドリームスについて

「明るく・楽しく・かっこよく!」

明るく、楽しく!
そして、かっこよい選手であり、かっこよいチームで、
世田谷No.1を目指します。

北沢LGドリームスは、東京都世田谷区で
下北沢、池ノ上、世田谷代田、新代田、東北沢エリアの公立小、私立小の子供たちを中心に活動する軟式学童野球チームです。
(北沢、代田、代沢、池尻、太子堂、若林、松原、大原、東大原、羽根木、
下馬、上馬、三宿、三軒茶屋、駒場、大橋、上原、富ヶ谷など)
世田谷区には数多くの少年野球チームがありますが、
その中でも歴史あるチームの一つで、数多くのタイトルを獲得してきました。

北沢ゴールデンキングスとファイターボーイズが統合しゴールデンFキングスに、さらに池之上ウィングスと統合し2009年「下北沢ドリームス」に、
2014年、LGジャイアンツと統合し「北沢LGドリームス」に、
と近隣のチームが統合を繰り返し、伝統を継承しております。

もちろん勝利を目標にはしていますが、勝利至上主義にならず、
野球を通じて「子どもたちの社会性を育てる」ということに重点を置き、
人間形成に必要な心とからだを育むことを大切にしています。
個性を尊重し、自分で考えること、全力で努力することを指導しています。
野球の面白さを実感できるように工夫し、時には厳しい練習もし、
個性を引き出しチームプレーを完成させていきます。
技術の向上とともに、耐え抜く心の力や忍耐を養い、
心身ともに自信に満ちあふれた子どもたちの育成に励みます。
喜びも悔しさも、仲間とともにたくさんの思い出をつくって欲しい。
大きな夢を持ち、多くの経験を得ることで、
子どもたちのたくましい成長を願っております。

また、運営は選手の保護者の方々をはじめ、
OB・OGにも多大なるご協力、ご支援を受けております。
伝統があり、地域に根ざしたチームだからこそ、
世代やコミュニティを超えたつながりを持つことができるのも特徴の一つです。

チーム運営方針

▶ チーム運営方針はこちら

部員

多聞小、池之上小、下北沢小、代沢小、菅刈小などの公立小学校、
成蹊小、慶応義塾幼稚舎、昭和小、桐朋小などの私立小学校、
アメリカンスクール(ASIJ)などのインターナショナルスクールなど、
学校や学区、居住地は問わず様々な学校やエリアの小学校1年から6年生までの子供たち。
(未就学、幼稚園生の練習生も参加しています)

Aチーム:高学年(5~6年生)、Cチーム:低学年(1~4年生)に分かれて活動をしています。
(Bチーム(5年生以下)、Dチーム(3年生以下)の公式戦への参加もあります)

活動日時

土、日、祝日
時間帯はグラウンドの状況、大会・試合日程などにより変わります。
※Aチームのみ、自由参加の水曜日練習あり(夏季限定)

練習場所&活動範囲

太子堂中、多聞小、池之上小(旧北沢小)をベースに、
富士中、北沢中、世田谷公園野球場、こどものひろば公園少年野球場、駒沢公園軟式野球場、二子玉川緑地野球場など、
さまざまな場所で活動をしています。

大人たちによる自転車誘導、配車システムも充実しており、
子どもたちにとって安心して野球に取り組める環境が整っています。

Q&A

▶ お当番についてなど、よくあるご質問はこちら。

加盟団体・リーグ

世田谷区軟式野球連盟
世田谷区少年野球連盟
羽根木リーグ
下馬リーグ
世田谷リーグ

▶ 主な戦績

▶ 大会スケジュール

費用

入会金 1,000円
部費(月額) 5,6年生: 4,000円
3,4年生: 3,500円
1,2年生: 2,000円兄弟で入部の場合、弟(妹)の部費から500円/月を免除。
配車代 毎月精算して後日連絡
(配車を利用する場合)
合宿代 実費

▶ 費用やご用意いただくものについて(詳細)

ご興味ある方はぜひお気軽に、見学・体験にいらしてみてください!

 

運営・スタッフ 2023年

Aチーム(6〜5年)

監督 中村
ヘッドコーチ 杉山新・廣田
コーチ 村瀬、内山、結城、平野、東、東息吹

Cチーム(4〜1年)

監督 田代
ヘッドコーチ 山田
コーチ 加藤、植木、田中、中嶽、加藤重、東、東息吹

運営

役職 名前
顧問 野澤 光政
会長 小此木 滋
代表 長峰 正俊
GM 生井 幸雄
総監督 舞木 良
技術顧問 中村 英二